お金のこと

お金を貯めたいなら先取り貯蓄をしよう!【5年で200万貯めました】

みなさんこんにちは!さやかです^^

今日は貯金をするなら「先取り貯蓄をしよう!」ということについてお話ししていきたいと思います^^

私は社会人になったと同時に貯金を始めました。

というのも、給料から貯金したい額を差し引いてくれる「社内貯金」という制度が会社にあったからなんですね。

周りの先輩たちからも「絶対やっといた方がいいよ!」と勧められ、いまいちよく分からないまま入ってしまったのですが…(笑)

今振り返ると、入っておいて良かったな、という結果になりました^^

さやか
さやか
この方法で5年間で200万ほど貯金できました



先取り貯蓄とは?

1ヶ月、給料を使い切ってから貯金をする…というスタイルではなく、給料が入った日にあらかじめ一定額を貯金しておくこと

を、先取り貯蓄と言います^^

言葉のまんまですが、貯金額を先取りしておくことですね(笑)

給料日の前日に残ったお金を貯金する…というやり方だと、貯めれる月と貯めれない月の差がまちまちになってしまうことが多いですよね。

しかし、あらかじめ給料日に貯金する額を決めておくと、決まった貯金額をコツコツ貯めていけるのでおすすめです^^

ねこ
ねこ
確実に貯めていくことができるんだね!

先取り貯蓄のすすめ

貯蓄額は収入の2割程度

先取り貯蓄をする上でおすすめの金額は、収入の2割程度だと言われています。

とはいえ、私はあまり考えず、2万円ほどの貯金額に決めてしまったのですが…(笑)

特に貧困に直面しているわけでもないので、まあいいかという感じです。

ざっくりで決めてしまうのもアリですが、目標を高く持ちすぎたり、やせ我慢して貯金しようとしても長くは続かないので、自分が無理なく勧めていけそうな金額設定にしておきましょう^^

先取り貯蓄を自動化しよう

そして次はこちらです。先取り貯蓄といっても色々なやり方があります。

自分でお金を引き出して封筒に貯めておいたり、他の口座に移したり…。

ただ、手動で毎月やろうと思うと面倒だったり手数料がかかってしまう可能性がありますよね。

長く続けるため、そして普段の手間のことを考えると「貯蓄を自動化」することをお勧めします。

自動化できる口座の種類

1.定額自動入金

給与振込口座から貯蓄用の口座に、毎月同じ日に自動で一定額が入金されるサービスです。

ネット銀行を使えば、自動入金の手数料が無料のところもあります。

おすすめ:じぶん銀行

2.自動積立預金

毎月決まった日に、決まった金額を、普通預金口座から自動で積立してくれます。

各銀行でも同じようなサービスがありますが、金利が高くないのがネックです。

おすすめ:イオン銀行(金利が0.08%と割と高額です)

3.財形貯蓄

勤務先に制度があれば、毎月の給与から天引きして積立ができる制度です。

住宅や年金の貯蓄などいくつか種類があり、元本550万円までは利子が非課税になるメリットがあります^^

4.社内預金

勤務先に制度があれば、毎月の給与から天引きされて、社内で貯蓄ができる制度です。

労働基準法により、0.5%という金利の最低ラインが決まっているので、一般の預貯金よりも金利が高いのがお得です。

さやか
さやか
私が使っているのはこの制度になりますね^^

私が実際に利用している「社内預金」or「定額自動入金」が個人的にはおすすめです。

残りのお金は好きに使って大丈夫!

収入の2割を積み立てに回した後、残ったお金は好きに使って大丈夫です^^

貯金しなきゃ!とがんじがらめにせず、

貯めるお金 & 自分の好きなことに使うお金

のメリハリを持っておくと、無理せず確実に貯金ができていくのではないかと思います。

大切なのは継続的に貯めることです。

まずは貯金癖をつけたい!という方は、自分の好きな旅行に行くためや欲しいものを買うために貯金をする!というやり方をおすすめします^^

目的があるとより貯金がしやすくなりますね。

まとめ

おすすめの貯金方法ということで、「先取り貯金」についてお話しさせていただきました^^

なんとなくで社会人1年目から入っていた制度でしたが、放置しているだけでお金が貯まっていくので結構嬉しいです(笑)

5年で総額200万円ほど貯めることができたので、ぜひ貯金ができない!と悩んでいる方は実践してみてください^^

それでは、少しでも参考になると嬉しいです!

ここまで読んでくださりありがとうございました。